Selected category
All entries of this category were displayed below.

かれこれ3年目位に御買上げ頂きましたSR 400用 90mm、あくまで400用で頭の形状がが異なります

P4091838.jpg

それを500に組むためのボーリングとピストンの形状変更、所がなにせ一年振り?トルクプレートは何処?固定ボルトは何処?

行方不明です、やっと見つけ出しましてかすかな記憶を辿りながら準備完了

P4091836.jpg

このトルクプレートの必要性にたどり着いたのもこの手のエンジンクランクケースが縦割りで左右の段差がゼロに為らない問題も

ありますが、シリンダーが意外と弱い、どうしても寸法が決まり難い、ヘッドを詰めつけた付きのシリンダーの変形が多いなど等

ハーレーの純正シリンダーなみでした、固定方法もケースとシリンダーをボルト、ナットで固定、とは別にシリンダーとヘッドを

固定する方法なので無理をするとシリンダー輪切りになりましたね、かなりの数、こうやってたまに作業すると、意外と面倒です

この数年は需要も少なくなり、問合せも無くなりました、そんな時代に為ったと言う事でしょうね


そんなこんながSRのピストン、作らなくなったきっかけです。







スポンサーサイト

ガイド打ち替え、シートカットも終わりましたので最後の組立てです

今回のカムシャフトは得体の知れないアメリカ製でリフトが12mm位でストリート仕様としか聞いてませんので

バルブタイミング測定します、正確に上死点合わせて

PA090390.jpg

吸入と排気両方実測します

PA090389.jpg

予定通りクランク角で 7度早いです、オーバーラップ 46度

SRの場合ピンで位置決めしますのでカムスプロケットを長穴と言う訳には行きませんのでサーキュラの登場

PA090387.jpg

正規の位置から 180度回して 3.5度遅く為る位置にズボッと 4mmの穴を開けます

焼きが入ってませんので簡単に開きますよ

PA090388.jpg

で取り付けて

PA090394.jpg

仮組、バルタイ測定

PA090391.jpg

カムチェーンの初期伸びを考慮しましてバルブタイミングが 吸入、作用角256度のロブセンター 104度 

排気 、作用角 260度のロブセンター108度にドンピシャリ合いました、排気の作用角が吸気より広いのは

何か意図したものがあるんでしょう

後はピストンとバルブのクリアランスなど等確認項目を測定します

これらの確認項目が一発で決まれば良いのですがクリアーしないとヘッドの再加工と為ります

全てクリアーしてる事を確認しまして分解して、ロックタイト付けて液体ガスケット塗って

組立てまして完成、ガンコートが綺麗です

PA090396.jpg

お客様お好みのザラザラ塗装?

PA090398.jpg

来年毛色の変ったエンジン作りましょうかね。





お客様からお持ち頂きましたSRの部品

P9270390.jpg

DLC処理のピストンピンとリング、相方のピストン 95mm

P9270391.jpg

SR400用です

P9270392.jpg

使うシリンダーは幻の デイトナシリンダー

PA060399.jpg

何処かのシリンダーと違いノーマルスタッドボルトの位置も気持ち良く決まってます

PA060400.jpg

ヘッド周りが初めての組合せになりますのでどんな数字が出てくるかお楽しみですね。







今や幻のシリンダーに為りましたデイトナ製シリンダー

P9100359.jpg

このシリンダーケースとシリンダーを固定しますスタッドボルトの長さが純正スタッドだとちと問題有りです

正確に言いますと純正スタッドボルトが短いのでは無くシリンダー側のナット座面位置が高く設計されてます

当時は薄いワッシャーが付属してましてそれで対処してましたが

P9100360.jpg


今回このシリンダーを組んで欲しいとの要望が有りましたのでロングボルトの製作しました

P9100357.jpg

下が純正スタッドボルト、上がロングスタッドボルト錆び止めにメッキ処理しました

取りあえず手持ちデイトナシリンダープラス何台分かを作りました

P9100358.jpg

SRのピストンも色々作りましたがこの後この手持ちデイトナシリンダーを使いまして

振動の無い大きい軽いピストンを作ります

5年前に企てました構想が形になる日が来ました




尚、一部で囁かれますが決してSR用 90mmピストン廃盤にはしておりませんよ

90mmピストンは来年の 2月か3月に作ります、それまでお待ち下さい。






どうしてもお願いしますと

どこぞのシリンダーのボーリング

P6260334.jpg

良くみますと刻印ありませんね、車検通るのでしょうかね?

P6260333.jpg

ボーリングも終わり此れで終了のはずが、こんな事や

P6270339.jpg

こんな事までやる羽目に

P6270340.jpg

色々と問題の多いシリンダーとピストンでした。






| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Piston Magic, All rights reserved.