FC2ブログ
2018/12/17 (Mon) 粛々と進行
2018/12/12 (Wed) シリンダー加工完了
2018/12/10 (Mon) 病院めぐり

ラストスパート中のシリンダー加工、しかしすんなり行かないのもある訳で御座いまして、0.02mm引いて完成と思いきや

PC122776.jpg

PC122777.jpg

それも二台とも刀さんです、めげますが気を取り直して面を出します、ホーニングは順調に進み(ここでトラブル訳には行かない)

刀とマークⅡの 76mm仕様

PC172781.jpg

刀の 74mm仕様

PC172782.jpg

最後の ZⅡシリンダーの 70mm仕様

PC172783.jpg

無事終了、この時期、室温合わせやすいので夏より楽ですが、最後の一番気を抜けない部分の一つでもあります

後はエンジン組んで、シートカットやってピストンの形状変更してカムホルダーと格闘して

来年のテイスト以来品の検討とお絵かきしてと、年内に終わらなかったらごめんなさいね?



スポンサーサイト

やっとシリンダーの加工終わりましてターカロイ松、圧入完了

PC122774.jpg

今回は珍しく 1100刀のシリンダーが 3本

PC122775.jpg

それでは先日加工しました 1100刀のクランクケースに被せます、ノックピンを取り付けまして合体

PC122770.jpg

予定どうりで御座います

PC122773.jpg

後はターカロイ松とシリンダーの段差を取って(面研)してボーリングへと続きます。





先週は暮れのドタバタの前にやり残した病院めぐりなんぞに行って参りました

火曜日、眼科医、二ヶ月おきの定期点検?検査?特に変化なし現状維持、左目の視力が少し回復してた

木曜日、予てより予約してました人間ドッグ?そろそろ何か出てきてもおかしくないお年頃、色々検査しました、結果が怖い?

時間の取れる時に一気に行けば何となく安心できますね

金曜日、整体院へ行っておしまい、その合間を縫って出来ることからやっつけました別の刀のクランクケースボーリング

PC102765.jpg

それもスタッドボルト付き?位置合わせるのが厄介な代物、それでも削れる所は

PC102766.jpg

PC102767.jpg

やはり1100刀は余裕があります、良いエンジンですね。




オーバーホールに置いて問題部品をどうするか?見て見ぬふりしてそのまま組むか?そんな訳には行きませんね

部品が出るのであれば交換します、この1100刀エンジンごく一部を除きほとんどの部品が供給されますので安心です

まずよく使う 3速ギアー

PB262763.jpg

PB262764.jpg

このギアーを交換する場合一番外側の 2速ギアーを外すのですが、ここが鬼門で油圧プレスで10トン近く掛けないと動きません

PB262762.jpg

ところが事もあろうに4トンほどで動きました???寸法確認したところ2速ギアーの内径、新品部品と比較して 0.02mmほど

大きい物でした、迷わず交換します、組立時はロックタイト塗布です、内径が0.02mm違うだけで 6~7トン掛けないと入りません

シリンダーヘッドもカーボン落しのポート研磨、シートカット、修正面研終了

PB282774.jpg

PB282776.jpg

でもこんな巣がありました、ここかなりえぐれてますので取り去るのは不可能ですのでそのまま

PB282775.jpg

本来ポート研磨しないのですがカーボンそのままと言う訳にもいきませんので全てペーパーで落として(仕上げていきます)

昨日ご依頼のお客様がいらして全てを見て頂き、納得して頂きました、これが基本でしょう

まだまだ続く






またまた送られてきました、1100刀クランクシャフト、三本目です

PB302777.jpg

何時ものパターンですが#1側が大きすぎます、どうなるクランク?

PB302779.jpg

何とか良し、しかしこっちが

PB302780.jpg

これだけバラけるとお手上げです、たまにはこんな固体もあります、さっさと送り返します。






| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2018 Piston Magic, All rights reserved.