2018/06/21 (Thu) 最近の頂き物
2018/06/12 (Tue) 漬物石終了

お世話になりましたお客様よりの頂き物

P6212506.jpg

特に此方はありが幸せで御座います

P6212507.jpg

栗焼酎、どんなお味でしょうかね楽しみですね

みなさん本当にありがとう御座います。



スポンサーサイト

それでは一気に組み立てます、上死点を合わせてピストンの位置はどの位置に来るかは判ってますが一応確認

予定通りの位置です、この位置が変われば圧縮も変わります、解りますよね

P6162492.jpg

もしかして初めてのお披露目?

P6162493.jpg

今までのZシリーズの中で一番シンプルで可愛いヘッド形状です

P6162494.jpg

個別に測定の終わってますシリンダーヘッドを取り付け、カム組んでシム調整、このシム調整も事前に確認隅ですので

一回で完了、今回は珍しく排気側のシムが同じ厚みで揃いました、気持ち良いです、吸入側 2つはずれました

P6172496.jpg

これで主要部分の組立は終了ですが、最後に確認の為の各部測定を行います、クランクシャフトを任意の位置まで回し

ダイヤルゲージと睨めっこです

P6172497.jpg

これらの全ての数字をかき集めまして次回のマイナーチェンジへと繋げて行きます

ピストンの進化は止められないのです、そこに無限の可能性を見出す秘密が隠されてる以上、、、






それではKZ900ノーマルボア仕様組立開始、排気量 903ccのままです

走行距離は少ないと言われてましたがクラッチのダメージが有りましたので J用に組替え

P6142486.jpg

曲がりも少なかったクランクシャフト、修正しましたら意外な精度です

P6142487.jpg

巷ではKZ900は Z1では無いと言われますが、ミッションも紛れも無く Z1です

P6142488.jpg

此処も

P6142489.jpg

此処も

P6142490.jpg

KZ900のオーナーさん、エンジンは完全な Z1ですよ

全ての寸法が把握できてますますので今回の仕様ではベースガスケット 0.8mmで容積比 9.8:1になります。







P6142491.jpg

これからガイド打替とシートカットに出すヘッド、今までは回転ブラシやペーパーで落してましたが、中々隅々までは無理で

カーボンクリーナーでは時間掛かるし、強い薬剤だとアルミの地肌がシミになるので、今回サンドブラストにてトライ

重曹を25キロ買って(こんなには要らなかった)やってみましたら、箱の蓋しめてやるとすぐ見えなくなり、休んでる時間が長い

ならば重曹25キロあるしで箱ごと外に引っ張り出し蓋も開けたまま、後に扇風機回して吹き飛ばしながら作戦

何とかなりました

P6082477.jpg

中々良い感じ

P6082478.jpg

しつこくやればもっと綺麗になりそうです

P6082479.jpg

大気開放ですので扇風機で飛ばしても全身重曹まみれで御座いました

次回かっぱ着てやるようです。




久々でした青い漬物石完成、ニッサンのサニー用漬物石でした

P6122486.jpg

この手の昔の鋳物は中々硬いです、ターカロイ松とどっこいの硬度あります、ゆえにいまだにに現役なのでしょうね

さっさと送ります。






| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2018 Piston Magic, All rights reserved.