2018/02/23 (Fri) 暫しお休み
2018/02/18 (Sun) FX-1分解
2018/02/14 (Wed) Z1シリンダー

車検切れてたのも忘れて、いつでも乗れると思い込んで早、2年近く?

諦めて暫しお休みさせます

P2232331.jpg

次のエンジンの用意も出来てましたが体は一つしかありません

暫くは Z一本で参りましょう。





スポンサーサイト

さてさて何時ものケーススタッド外し、早速ストーブの上で過熱します、いつもですと簡単に外れるはず?

P2182327.jpg(何とかゴールが見えて来たときの絵)

頃合をみて外しに掛かりますがビクとも動きません???この状態では素手で持てない温度ですが???

かくなる上は

P2182329.jpg

ストーブの上で過熱しながらさらにバーナーで焼きます、一本づつ?

そして格闘する事4時間ほど(途中諦めての休憩タイム有り)何とか外れてくれました

P2182328.jpg

今までこれが外れなくてねじ切れたボルトが一本存在します、あの時も大変でした

同じ過ちをしないように時間を掛けてあの手、この手を駆使して外す方法を見出すのが

後々楽に作業を進められるとつくづく思い知らされました、一件でした。






昼間はそこそこ暖かくなって参りましたのでこの機に乗じて分解します

P2172323.jpg

P2172324.jpg

クランクケースのボルトに抵抗されましたが、何とか折れないで、折らないで外れました

P2172325.jpg

当然と言えば当然ですがネジ部にグリスのグの字もありません

P2172326.jpg

どんな所のボルトでも折れると厄介この上ありません、逝く時は簡単にポキッと逝きます、無事に外れてホットします

ホットしてるのもつかの間、またまたボルトと格闘する破目になるとは思いもしませんでした。






先週末より具合が悪く、やっと熱も下がり、復帰しております、そんな時に限って一発で行かない事ばかり

P1142275.jpg

次で終わりかと

P1142276.jpg

駄目でした、もう一回引きます

別のシリンダー、此処までは良かったのですが

P2042346.jpg

ベースガスケットがカチカチにへばり付いておりまして、少しづつそぎ落として、やっと

P2052348.jpg

鼻水垂らしながら頑張った証

P2052347.jpg





お客様の要望でノーマルカムで行きたいので圧縮も低めでお願いします、とのご依頼

P1292333.jpg


この73mm元々レースに使う為に容積比 12.0:1の圧縮も持たせて用意してたのですが

需要も限られますので昨年容積比で11.3:1の仕様を用意してまして、それを元に落してみました

P1302335.jpg

中々の軽さに上がりました、これで容積比で 10.7:1です

P1302336.jpg

何時もとは違う可愛いピストンヘッドになりました、他の条件が合えば余計な事をしなくても 10.5:1も可能です

P1302338.jpg


大事に長く乗るための一つの手かと思う今日この頃です













| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2018 Piston Magic, All rights reserved.